03-6426-1782お電話でのお問い合わせ・ご相談、ご質問はこちら(受付時間 9時‐18時)
間違ってませんか?ホームページデザインの勘違い

間違ってませんか?ホームページデザインの勘違い

ホームページ制作の打ち合わせ(ディレクション)を行っていると、
ホームページデザインをユーザー視点ではなく、「自分たちの好み」、「自己満足」、「デザインの妄想」などで 間違った認識をされている方がたくさんいらっしゃいますので、記事にしてみました。

よく打ち合わせをしていると、殆どと言っていいほど、このようなお客様のご意見が多いのです。
(ホームページデザインのご要望の一例です)

アップルみたいなホームページにして!
ここのお店のデザインのようにして下さい。
かっこいいホームページにして!
高級感のあるホームページにして下さい。
などなど、

まず、ホームページデザインの大前提として、、、

ユーザーはデザインを見ていないという事実


ホームページのデザインをしっかり見ている人はどういう人か?

デザインを仕事にしている人


ホームページに来る人ってまずどういう行動をとられて、ホームページに来てますか?
検索エンジンで検索してホームページに来ている人がほとんど
なぜ検索してきているんでしょう???

知りたいこと、買いたいものを調べに来ているから


です。
要は「知りたいこと」や「買いたい物」を調べに検索してきているわけですから、
ホームページの中身、内容がそのユーザーが欲している情報を掲載しているか否かが重要だと思うのです。

ユーザーが欲している情報が
「ない」、「不十分」、「わかりにくい」、「見にくい」、「期待できない」
という判断をユーザーは瞬間的に判断をしています。

だからこそ、ホームページは「見やすさ」だったり、「使いやすさ」だったり、「簡単に目的まで到達できること」などがホームページに重要になってくるわけです。
ただ、デザインを否定しているわけではありません。

では、ホームページのデザインで重要なことはどういうことでしょうか?

「○○らしさ」が重要と思います。
「○○らしさ」というのは、「その会社らしさ」、「お店らしさ」、「商品らしさ」が


ユーザーに伝わっていれば良いと言うことになると思います。
ホームページデザインは、イメージ作りを担っています。
デザインは「○○らしさ」というイメージが大切ということです。
冒頭のような「アップルのようなホームページに」、「ここのお店のデザインのように」、「かっこいいホームページに」、「高級感のあるホームページに」にというのは見当違いになってくるわけです。

経営者の皆様、ホームページの担当者やその上席の方々も、今一度ユーザーのことは考えずに、「自分たちの好み」、「自己満足」、「デザインの妄想」に偏っていないか確認してみて下さい。

再度繰り返します。

ユーザーはデザインを見ていないという事実


ユーザーにホームページにお越しいただくためには、
ユーザーが知りたい情報、コンテンツを用意しておき、
見やすく、わかりやすい、そしてその企業や店舗のイメージが伝われば
ホームページのデザインとして十分なはずですし、ユーザーに支持されるホームページになるはずです。


文:佐藤 学

このページの上へ

お電話での相談・お問い合わせはこちら(受付時間 9時-18時)